【東館山山頂駅 改修工事のお知らせ】

<お客様へ>
日頃よりご愛願を賜わり、心から厚くお礼申し上げます。
現在、東館山ゴンドラリフト山頂駅では館内の改修を行っております。
それに伴い下記施設はご利用いただけません。
大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
・山頂駅2F展望台
・山頂駅2Fレストラン
・山頂駅1Fトイレ
なお、全ての工事完了は8月上~中旬頃を予定しております。

 

ご来園されるお客様へ(お願い)

植物園内のコースは自然の傾斜そのままを生かしておりますので、勾配の急な階段も多く、また雨天時は特に滑りやすくなっております。事故防止のため下記の点にご注意ください。

■足元は安全な靴や登山靴などの用意をお願いいたします。ヒールやパンプス、サンダル、靴底が滑りやすい履物などはご遠慮下さい。万一、転倒や足をくじいた場合などの怪我等に関しては責任を負いかねます。
■足元が不安な方は転倒予防にポール(ストック)などをお持ちください。
■園内では、歩きながらのスマートフォン等の使用は、人や物との接触・転倒など思わぬ事故につながる可能性がありますので、ご遠慮いただいております。
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

SNSで東館山高山植物園をフォローしよう!

森林限界に限りなく近い植物園

標高2,000mの東館山山頂エリアに設けられた高山植物園で、1960年(昭和35年)に開園されました。エリアは約10万平方メートルに及び、志賀高原に自生する500種類の貴重な高山植物が植えられています。初夏に観られるニッコウキスゲの約5万平方メートルの大群落は、志賀高原のグリーンシーズンを代表する風景の一つです。

東館山ゴンドラリフト山頂駅2Fのテラス

晴れた日には北アルプスが目の前に広がる絶景スポット

志賀高原 花暦

開花時期のおおよその目安がご覧頂けます。 月を選択して下さい。
 
アズマシャクナゲ-ツツジ科
イワナシ-ツツジ科
ウラジロヨウラク-ツツジ科
エンレイソウーユリ科
オオイワウチワ-イワウメ科
オオバナノヒメシャジン-キキョウ科
オヤマシモツケ-バラ科
キヌガサソウ-ユリ科
クボタテンナンショウ-サトイモ科
クリンソウ-サクラソウ科
コマクサ-ケシ科
コミヤマカタバミ-カタバミ科
ショウジョウバカマ-ユリ科
シラネアオイ-キンポウゲ科
タムシバ-モクレン科
ムラサキヤシオ-ツツジ科
チゴユリ-ユリ科
チングルマ-バラ科
ツマトリソウ-サクラソウ科
テガタチドリ-ラン科
ナエバキスミレ-スミレ科
ニリンソウ-キンポウゲ科
ハクサンイチゲ-キンポウゲ科
ハクサンチドリ-ラン科
ヒメシャクナゲ-ツツジ科
ベニサラサドウダン-ツツジ科
ミズバショウ-サトイモ科
アカモノ-ツツジ科
イチヨウラン-ラン科
イワイチョウ-ミツガシワ科
イワイチョウ-リンドウ科
イワオウギ-マメ科
イワカガミ-イワウメ科
ウマノアシガタ-キンポウゲ科
ウメバチソウ-ウメバチソウ科
オオカメノキ-スイカズラ科
オオカメノキ-スイカズラ科
オオバギボウシ-ユリ科
オオヤマレンゲ-モクレン科
オオレイジンソウ-キンポウゲ科
オヤマシモツケ-バラ科
カラマツソウ-キンポウゲ科 
キバナノヤマオダマキ-キンポウゲ科
ギンリョウソウ-イチヤクソウ科
クサボタン-キンポウゲ科
クボタテンナンショウ-サトイモ科
クモキリソウ-ラン科
クルマバツクバネソウ-ユリ科
クロマメノキ-ツツジ科
グンナイフウロ-フウロソウ科
コケモモ-ツツジ科
ゴゼンタチバナ-ミズキ科
コバイケイソウ-ユリ科
コマクサ
シガアヤメ-アヤメ科
シャジクソウ-マメ科
シロバナノヘビイチゴ-バラ科
センジュガンピ-ナデシコ科
タカネナデシコ-ナデシコ科
タカネバラ-バラ科
タテヤマウツボグサ-シソ科
チョウジギク-キク科
ツバメオモト-ユリ科-
ツルコケモモ-ツツジ科
ニッコウキスゲ-ユリ科
ネバリノギラン-ユリ科
ハクサンオミナエシ-オミナエシ科
ハクサンコザクラ-サクラソウ科
ハクサンシャジン-キキョウ科
ハクサンフウロ-フウロソウ科
ハクサンボウフウ-セリ科
ヒオウギアヤメ-アヤメ科
ヒメカイウ-サトイモ科
ベニバナイチヤクソウ-イチヤクソウ科
ミヤマダイコンソウ-バラ科
ミヤマダイコンソウ バラ科
ホソバイワベンケイ-ベンケイソウ科
マルバダケブキ-キク科
ミネウスユキソウ-キク科
ミヤマニガイチゴ-バラ科
ミヤマハンショウズル-キンポウゲ科
ヤグルマソウ-ユキノシタ科
ヤナギラン-アカバナ科
ヤマホタルブクロ 7-8月 キキョウ科
アキノキリンソウ-キク科
イブキジャコウソウ-シソ科
イブキボウフウ-セリ科
エゾシオガマ-ゴマノハグサ科
オオシラヒゲソウ-ユキノシタ科
オクモミジハグマ-キク科
コオニユリ-ユリ科
コバノイチヤクソウ-イチヤクソウ科
オトギリソウ-オトギリソウ科
カニコウモリ-キク科
クガイソウ-ゴマノハグサ科
クサボタン-キンポウゲ科
サワギキョウ-キキョウ科
シモツケ
センジュガンピ-ナデシコ科
タカネナデシコ-ナデシコ科
タマガワホトトギス-ユリ科
ナガボノアカワレモコウ-バラ科
ニッコウキスゲ
ハクサンシャジン-キキョウ科
ハクサンフウロ-フウロソウ科
ハナショウブ
ハナチダケサシ-ユキノシタ科
ホソバノキソチドリ-ラン科
ホツツジ-ツツジ科
ホツツジ-ツツジ科
マルバダケブキ
モウセンゴケ
ヤナギラン
ヨツバヒヨドリ-キク科
イワインチン-キク科
ウメバチソウ-ユキノシタ科
オカトラノオ-サクラソウ科
コオニユリ-ユリ科
ゴマナ-キク科
サラシナショウマ-キンポウゲ科
シラタマノキ-ツツジ科
ノコンギク-キク科
ハンゴンソウ-キク科
ミヤマダイモンジソウ-ユキノシタ科
ワレモコウ-バラ科

園内案内図・マップ

高山植物園へのアクセスのご案内

ゴンドラリフトを降りてから、屋外に出る前にある階段が「展望台」に通じています。 山頂駅から屋外に出ると付近では最も高い場所ですが、本当の東館山山頂は出口を出て正面に見える木々に覆われた小高いところが東館山山頂(2,030m)です。 高山植物園は山頂駅の出口をでると、そこはすでに高山植物園の入り口、植物園内を下りながら左手方面に進むと、ブエモン平方面に向かいます。 植物園内を下りながら右手方面に進むと、植物園内を通り高天ヶ原サマーリフト方面に向かいます。

【東館山ゴンドラリフトをご利用の場合】
発哺温泉山麓駅から山頂駅まで約7分の所要時間です。

■東館山ゴンドラリフトの営業

営業期間2021年6/19~10月下旬の土日祝のみ営業。なお7/17~8/22は毎日営業いたします。
※新型コロナウィルス拡散防止の為に急な営業期間・時間の変更が生じる場合がございます。
営業時間9:00~16:00
料金大人:片道1,400円、往復2,000円
小人:片道800円、往復1,100円
ファミリーパック券(往復券)
*対象はご家族の方限定となります。
1set(大人1名+小人1名):2,800円
追加券:大人1,900円、小人1,000円
早朝営業”朝ゴンドラ7a.m)※ご予約のみ2021年7/10~9/26
3日前までにご予約ください。AM7:00より運行いたします。(専用受付TEL:0269-34-2301まで。受付時間:9:00~15:00)
付属関連施設お手洗い/高山植物園/山頂展望台
問合せ先TEL:0269-34-2231

【高天ヶ原よりサマーリフトをご利用の場合】
リフト終点より15分から30分程度で高山植物園内を通り東館山山頂展望台に到着です。

■高天ヶ原サマーリフトの営業

営業期間2021年7/22~8/29の土日祝のみ営業。なお7/31~8/16の間は毎日営業いたします。
※新型コロナウィルス拡散防止の為に急な営業期間・時間の変更が生じる場合がございます。
営業時間8:50~16:10
8:30~16:30(繁忙期)
料金大人:片道800円、往復1,000円
小人:片道500円、往復600円
付属関連施設お手洗い/植物園
問合せ先TEL:0269-34-2301

長電バス㈱ 路線バス

<路線バスにて東館山ゴンドラリフトへお越しのお客様へ>
バス停は”発哺温泉”下車となり、徒歩(急な下り坂)約5分の場所にゴンドラ山麓駅がございます。
※湯田中駅方面よりお越しの場合、”発哺温泉”バス停へは、途中の”志賀高原山の駅”バス停での乗換が必要となります。

時刻表にてご確認ください。長電バス㈱公式HP →  奥志賀高原線 路線全体時刻表  白根火山線 路線全体時刻表

東館山山頂 展望台

高山植物園の入り口にある展望台は志賀高原のほぼ中央に位置するので、志賀高原の多くの地域を見渡すことができます。また、北アルプス連峰や北信五岳などの山々と長野市など信州北部を広く望めます。

2021年6月より館内工事の為、しばらくの間、ご利用いただけません。ご了承ください。

 

運行期間 ゴンドラリフト営業に準ずる
営業時間 9:00~15:00
付属施設 ゴンドラリフト山頂駅/お手洗い/植物園
問合せ先 TEL:0269-34-2231
FAX:0269-34-2955