穏やかに、遊歩道を歩く。

いくつもの湿原を貫くようにつづく木道。 比較的平坦なコースなので、初心者・ファミリーで気軽に楽しめます。

高天ヶ原湿原を源に発する小雑魚川には原種のイワナの泳ぐ姿が観察できる他、湿生植物も豊富でミズバショウ・リュウキンカの春の花から秋のウメバチソウ・オヤマリンドウなど四季折々の山野草が見 られます。

せせらぎコース(約1.3km 1時間30分)

高天ヶ原から流れ出す、小雑魚川沿いの湿原を木道(もくどう)で結すぶ散歩道です。湿原には沢山の花々が咲き、せせらぎの風も爽やかです。

高天ヶ原の水芭蕉

高天ヶ原マンモススキー場を正面に見てその手前に湿地帯と木道があり、毎年5月中旬前後に開花し始めるここは水芭蕉の群生地でもあります。

小雑魚川に沿って

せせらぎコースは小雑魚川に沿った木道の散策路です。途中、イワナ原種保存地区でもあり、清流を泳ぐ魚たちも観察できます。

その名の通り、せせらぎの音で清涼感を味わいながら散策できます。