志賀高原に最高の雪質をもたらす、恵まれた地理

日本海側から季節風に乗って吹く冷たく湿った風は、まず沿岸沿いの山々に当たり、水分を多く含む雪を降らせます。 その後、水分を放出し乾燥した雪、すなわち良質なパウダースノーが内陸部に位置する標高2000mの志賀高原に積もるのです。

志賀高原の代名詞、 良質なパウダースノーを楽しむ

新雪エリア


寺小屋LIPSコース※ 
一の瀬ファミリー正面上部、 パーフェクター※
一の瀬ダイヤモンド中央上部
西館山中級コース上部 中部 下部の一部
東館山オリンピックコース上部下部の一部
前日の夜間に降雪が見込まれる場合に営業前圧雪をせずオープンするスキー場一覧です。天候状況、雪質、ゲレンデメンテナンス等により圧雪の場合がございます。
※ポール予約がある場合は圧雪させていただきます)

志賀高原中央エリアマップ

特にオススメしたいゲレンデ

現地スタッフが教えてくれた志賀高原の穴場

新雪エリア滑走にあたって

●新雪エリアは中上級者向けとなっております
●新雪エリアでは滑走用具の紛失のリスクをご理解ください。

●圧雪面との境目にご注意ください。
●メンテナンスの為、圧雪する場合があります。

その他のゲレンデをみる

志賀高原中央エリア内のゲレンデの一覧

志賀高原リゾートが提案する魅力・体験