緩急のある魅力的なコースを、最高の雪質で。

西館山スキー場はバラエティー豊富なコースレイアウトでゲレンデ上部に緩斜面が集中しており下部に急斜面がある。西館山でもワールドカップが数回開催されており西館山大回転コースは名物コースのひとつで、ポール合宿や大会も盛んに行われている。知る人ぞ知るひそかに降雪後はパウダー天国になるゲレンデ。

山頂には”幸せの鐘”がありこの鐘を鳴らせば幸せが訪れる!?かも。

ゲレンデ・コース紹介

西館山山頂から初級・中級・大回転のコースがレイアウトされ、緩急の滑り分けを楽しめるコースレイアウトが魅力です。ボーダーの方は、距離が長く景観も楽しめる初級コースがお勧め。

■リフト

リフト名 リフト 標高差(m) 長さ(m) 所要時間 ポイント
西館山第1フーディクワッド クワッド 270 788 03分45秒 3
西館山クワッド クワッド 188 604 03分21秒 3
西館山第2トリプル トリプル 64 237 02分28秒 2

■ゲレンデデータ
最高標高・・・1739m
最低標高・・・1336m
標 高 差 ・・・ 403m

■コース

コース名 滑走距離(約m) 平均斜度(°) 最大斜度(°) レベル
ワールドカップコース 1427  15 28 中級
西館山初級コース  1730 9 18 初級
西館山高天ヶ原ゲレンデ 280 7 13 初級

■コース配分
上級・・・30%  中級・・・40%  初級・・・30%

周辺のレストラン、休憩所

レストランだけかんば

高天ヶ原マンモススキー場下部にある建物施設内にレストラン「だけかんば」。

周辺のゲレンデ

ジャイアントスキー場

ブナ平スキー場

高天ヶ原マンモススキー場

その他のゲレンデをみる

志賀高原中央エリア内のゲレンデの一覧