オリンピックやワールドカップで使用された滑り応えのあるコース

東館山上級コースはオリンピックやワールドカップ等のビックな大会にも使用される、距離と緩急のバランスが良いコース。

林間コースはなだらかな斜面が林の中を縫う様に長く続き、時にはうさぎやきつねと遭遇する、他にはない一味違ったメルヘンチックな初級コース、ファミリーやカップルに おすすめ、途中より上級コースへ滑り込むことも出来、又、下部で合流することも出来るので上級者でも 大いに楽しむことが出来ます。

ゲレンデ・コース紹介

山頂からは遠く北アルプスまで眺めることができるロケーション。その山頂からスタートするオリンピックコースは長野オリンピックの大回転コース。同じく山頂からの4kmに渡る静寂な林間コースにそのままブナ平の下部まで滑走すれば最大6kmのロングコースが楽しめます。

■リフト

リフト名リフト標高差(m)長さ(m)所要時間ポイント
東館山ゴンドラゴンドラ442138405分45秒大6小6

■ゲレンデデータ
最高標高・・・2008m
最低標高・・・1566m
標 高 差 ・・・ 442m

■コース

コース名滑走距離(約m)平均斜度(約)最大斜度(°)レベル
東館山オリンピックコース16002036中級
東館林間コース35001012初級

 

■コース配分
上級・・・30%  中級・・・30%  初級・・・40%

冬季五輪記念モニュメント

1998年に開催されました、長野冬季オリンピックでは、東館山山頂からブナ平上部までの間を、大回転競技のコースとして使用されました。

山頂近くに記念モニュメントが建てられています。

アクセス

周辺のレストラン、休憩所

レストランだけかんば

高天ヶ原マンモススキー場下部にある建物施設内にレストラン「だけかんば」。

200°カフェ

東館山ゴンドラリフト山頂すぐ近く。200°カフェからの眺望は志賀高原屈指の眺望で、お食事・休憩を兼ねて多くのお客様にご利用頂いております。

レストハウス寺小屋

寺小屋スキー場ゲレンデに位置。ソファー席完備の広々とした店内は、休憩にぴったり。

周辺のゲレンデ

一の瀬ファミリースキー場

東館山スキー場

高天ヶ原マンモススキー場

その他のゲレンデをみる

志賀高原中央エリア内のゲレンデの一覧